なぜ?今の時代“あるある”をわざわざ「フラグを立てる」と表現するのか、「明日から使える死亡フラグ図鑑」が大当たり。

引用 死亡フラグ図鑑

18日、フジテレビ系で放送された「ワイドナショー」の番組内でも、その言葉の使い方が話題となっていました。「フラグを立てる」、もともと「フラグ」の語源はプログラミング用語から派生したものです。なんらかの事象が起こる前触れのことを「フラグが立った」と表現するようになり、今では日常生活のあらゆるシーンで使われるようになってきています。話題になっているのは「明日から使える死亡フラグ図鑑」、“この人絶対死ぬな”と思われるフラグ例が一コマ漫画で描かれており、フラグを立てることに注目が集まっています。 続きを読む