平成最後のプレミアムフライデーと零和時代の働き方を考える。

引用 クリスタ

今日まで働けば10連休、じゃ、景気づけに「プレミアムフライデー」で早めに退社?そんな会社があるのでしょうか?休むのは悪いことではありませんが、休めば、その間業務がストップするのです。この10連休を前に金融機関や医療機関の対応をどうするのか、論議になっていました。休んだ方々がお出かけする先、レジャー施設や宿泊施設の従業員の方は、逆に多忙を極める期間と言えるでしょう、長期の休みで恩恵を被るのは“誰れ”なのでしょう。休むために今日は『フル稼働!』という方が多いのではないでしょうか、そうした意味では本当の“プレミアム”な日となるかもしれません。 続きを読む

「ブラックフライデー」本当に需要はあるのか?真似ればいいってもんじゃない。

私が小さなころ「クリスマスにはケーキを食べる」ということをテレビで知って母にケーキが食べたいと、ねだったことがあります。母は「うちは仏教やけんクリスなんとかは、関係なかと」とクリスマスがない理由を説明されたことがあります。しかし、小学校高学年になったとき製パン会社の努力で「クリスマス=ケーキを食べる日」として我が家にもクリスマスがやってきました。 続きを読む

6回目のプレミアムフライデー、どうですか今日はもう上がりますか?

本日は2月24日から開始された「プレミアムフライデー」の6回目になります。もう飲んでますか?ほとんどの会社では、そんなことは関係なしに仕事を続ける人がほとんどだと思います。政府が経団連などと連携して推進を図っているようですが、一部大手企業がお付き合い程度に実施しているだけで、中小企業に関しては言葉すら知らない人間がいるのが実情です。 続きを読む