池袋暴走事故、本日「初公判」。上級国民飯塚被告は無罪を主張するのか?日本国民注目の裁判始まる。

引用 日経新聞

その事故は2019年4月19日、東池袋四丁目の交差点で発生しました。飯田幸三被告(89)が運転する車が暴走し交差点に進入、歩行者・自転車らをはね、合計11人を死傷させたものです。死傷者のなかには松永真菜さん(31)莉子ちゃん(3)母子の死亡も含まれていました。飯塚被告は自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で書類送検・在宅起訴されました。当初、飯塚被告が通産省工業技術院の元院長であったため「上級国民」の違反と言われ、通常の容疑者より優遇されているのではないかと非難があがりました。本日の初公判は「上級国民」を裁く裁判として注目を集めています。 続きを読む

87歳で10人をはね「上級国民」と呼ばれる男!高齢ポンコツおやじに上級も下級もない。

引用 朝日新聞

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4丁目の都道の横断歩道2カ所で、高齢男性が運転する乗用車が歩行者らを次々とはねました。警視庁と東京消防庁によると10人が負傷しました。このうち自転車に乗っていた30代の女性と3歳ぐらいの女児が心肺停止で病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。目白署によると、乗用車は東京都板橋区の無職男性(87)が運転していました。1カ所目の横断歩道と、約70m離れた別の交差点の横断歩道で複数人をはねたといいます。容疑者の男性も負傷しました、乗用車は2カ所目の現場でゴミ収集車と衝突し、ゴミ収集車は横転しました。 続きを読む