どうしてケースワーカーが手助けしたのか?不可解な京都・全身粘着テープ巻き死体遺棄事件、誰が女性を殺害したのか?

引用 サンケイ

6月11日、京都日向市のアパートで、粘着テープで巻かれた女性の遺体が発見され、警察は、日向市の職員とアパート1階の住人の男ら2人を死体遺棄の疑いで逮捕しました。死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、日向市職員の余根田渉容疑者(29)と、職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)の2人です。2人は11日午前11時ごろ、橋本容疑者の住む京都・日向市上植野町のアパートの駐車場に、女性の遺体を遺棄した疑いが持たれています。遺体は、腐敗が進んでおり、全身に白い粘着テープが巻かれた状態で見つかりました。付近の住人が異臭がすると警察に届け出て事件が発覚しました。 続きを読む