コロナ感染者、今日、東京は60名。そんな中、ほとんどの飲食が再開、長浜ラーメンファンからひと言。

引用 トラベルLINE

今日、東京は非常事態宣言解除後、最大の感染者60名の報道。既に街は通常の動きにもどりつつあり、蜜を避けることが困難な状況が生まれつつあるのかもしれません。行きと帰りの通勤は言うまでもなく、気になるのがランチタイムです。夜の集客がまだまだの居酒屋さんも参加して、ランチタイムの飲食店は集客に躍起になっています。その中でも気になるのがラーメン屋さん、カウンターなどはひとり分を空け、なるべく密状態を避けるようにはしていますが、やはり他の業態に比較すると、客間の距離は狭いような気がします。特に人気ラーメン店では外の行列から、中の密集状態まで、コロナ禍前の状態に戻っているような気がしてなりません。 続きを読む

暑いからこそ食べたいトンコツ!「長浜ラーメン」と「博多ラーメン」は違うもの。

引用 食べログ

関東に住んでいると“博多ラーメン”=長浜ラーメンという認識が一般化しているようですが、私的には博多のラーメンは博多のラーメン、長浜のラーメンは長浜のラーメンと区別しておきたいのです。博多でのラーメンの発祥は昭和16年に屋台「三馬路」で提供された清湯の豚骨スープに平麺だったとされています。当初は白湯ではなく透き通ったスープだったようです。昭和21年に馴染み深い「赤のれん」が博多駅の近くで開業、この時は、まだうどん屋台で、中国で食べた「十銭そば」をヒントに白濁豚骨スープのラーメンを提供するようになったそうです。一方、長浜ラーメンですが、こちらは昭和30年に博多区築港本町にあった魚市場が長浜に移転、それに伴い「元祖長浜屋」「一心亭」など市場ラーメンの屋台も長浜に相次いで移転したのが“長浜ラーメン”の始まりとされています。 続きを読む