今年の「どんたく」「山笠」中止!博多のみなさん元気してますか、来年は5月にパレードして7月には山笠を舁いてください。

引用 西日本新聞

5月3日、4日は例年なら「博多どんたく港まつり」が福岡市内で開催され、200万人を超える観光客が祭りを楽しんでいたはずです。しかし、今年はコロナウイルス禍で祭りは中止、悪天候以外でパレードを中止するのは1962年以降で初めてとなるそうです。古くは江戸期に起源すると言われるどんたくですが、第二次大戦後1956年5月に「博多復興祭」として空襲被災後の瓦礫の中、子供山笠とともに松囃子どんたくが行われました。翌年の1947年からは福岡市・福岡商工会議所・商店会代表・市民有志らによって博多どんたくが5月24日、25日に開催され、3台の花電車に16カ所の仮設舞台と、現在のどんたくの形式が誕生したのです。今年はどんたくだけではなく、既に山笠の中止も決定しています。博多のみなさん、どうお過ごしですか? 続きを読む

「山笠があるけん博多たい!」明日15日、早朝にフィナーレ“追い山”。

引用 毎日新聞

博多の夏の祭り「博多祇園山笠」7月1日から始まったこの祭りも15日にクライマックスを迎えます。地元、福岡の人たちは「山笠があるけん博多たい!」という有名なセリフのCMを日常的に聞いているので「そげんたい!山笠があるけん博多たい」とおっしゃいますが、実際に山笠が始まるのは朝の4時59分、確かに大勢の見物客は集まりますが、5月の「博多どんたく港まつり」には遠く及びません、祭りの内容的には勇壮で見て面白いのは山笠に違いないのですが、巨大な山笠を担いで町内をタイムレースで回る性格上、規制が多く、世間が稼働していない早朝の時間帯に実施するため、観光客の入りがもう一歩なのでしょう。 続きを読む