博多高校で暴力事件、アウトレイジなたけしが語る”対抗力”の考え方

さっきテレビで「アウトレイジ」やってました。暴力とかそういうことではなくて”殺し合い”の話なんです。法の下では生活できない人たちが法の外で生活をする話しなんですが、そういう人は一般人が通勤をするように”人を殺す”って感じなんですね。ひと昔前のヤクザ映画の金字塔『仁義なき戦い』は組織論の見本みたいな映画だと思っていました。しかし、アウトレイジはやくざ映画のジャンルではなく「法の外の人々」のジャンルなのです。 続きを読む