打ち切りというよりかは「強制終了」させたい「陸海空 地球制服するなんて」

 

引用 陸海空 地球征服なんて

7月7日の「陸海空 地球征服するなんて」(テレビ朝日系列)の視聴率が、3.9%とい驚異の低視聴率に終わったことは、一部のファンの間では大きな話題となりました。2週間ぶり、1時間遅れの番組スタートだったため、無理もないとの見方もあります。しかし、民放各社フジやTBS、日本テレビの中でも最下位だったのです。最悪数字の原因は内容が“過去の総集編”だったからとも言われています。放送されたのはバイキング西村の「激安!いいね!アース」モンゴル編でした、最近の「陸海空」の企画の中では人気があるものです。第一弾がタイ、第二弾が台湾、そして第三弾の「モンゴル編」が放送中だったのですが、3月からばったり放送されず、今回の“総集編”が過去分のおさらいになっていました。

(この記事をアップしようと思ったら「打ち切り」のニュースが入ってきました!!)
続きを読む

無人島の友寄ディレクターが最期なら、タレント化する裏方への非難もこれが最後。

引用 陸海空地球征服するなんて

今晩も見ました「陸海空 地球征服するなんて」。バイキングの西村氏が台湾を旅する企画の最終話だったのですが、なんとなく昔の「電波少年」の有吉氏を見ているようでした。「電波少年」の頃の有吉氏は、まだ若く、旅先で大酒を飲んでは失敗を繰り返すなど「無責任行動」が番組で人気でした。若い兄ちゃんのやることですから「そういうこともあるさ」と受け入れられていたと思います。しかし、今日の陸海空はいただけません、横断のチャンスが1日残っているのに「もう間に合わないから」と終了してしまうのです、若くもないバイキングの西村氏がそんな行動を取ると”残念”な気分にさせられます、ただ我儘なおっさんのカネなし紀行を見せられるのでは視聴者はたまりません。そこには、少しはテレビ的な配慮が必要なのではないでしょうか、昔のテレビは『誘導』することを知っていたと思います、それが投げ捨て状態なのが最近の傾向ではないでしょうか「西村はこう考えて、そうしたんだ、どうだ!」って投げっぱなしでいいのでしょうか。 続きを読む

ナスDが予告「ディレクターチーム解散」当然の結果とわかりつつ悲しい

 

引用 部族アース

11月4日放送された「陸海空 地球征服するなんて」(テレビ朝日系)をご覧になられたでしょうか。バイきんぐの西村さんがタイを旅する企画の後、部族アースだったのですが、私的にはテンションがどんどんと落ちていくような気がするのですが、先週の予告からすると「審議」にかかった“サルを食べる”シーンが放送されると思っていたのですが、単に猟に出てリス猿を捕ってくるだけで終わってしまいました。 続きを読む

陸海空を見て思う「流行り」は見る者が作り、作り手が見る者に合わせようとして終わっていくのだと

引用 陸海空こんな時間に世界征服なんて

「陸海空 地球征服するなんて」を見て考えてしまいました。何かお気づきではありませんか?そうです”こんな時間に”が取れてしまったのです。土曜夜9時59分スタートであれば”こんな時間”ではないということでしょうか。はたまた”こんな時間”が取れて『内容』がその分変わったということでしょうか。私としては後者を採りたいと思います。なぜなら、視聴者が増えた分無難な内容になってしまった気がするからです。それに番組としての冒険の主役は「U字工事」の二人ではなかったのですか、ナスDと呼ばれる友寄ディレクターのキャラが話題になってしまい、それではそちらでということになってしまったのでしょうか。 続きを読む

「中学2年のときの塾の先生に会った」残念な方向に向かう部族アース”なすD”ではなく『元ナスD』

引用『陸海空こんな時間に地球征服するなんて』

ゴールデンに移ってから初めての「部族アース」を見ました。後半の10時からの部分しか見られなかったのですが、個人的な意見としては「非常に残念」としか言えません。あくまで私見ですが、深夜枠の時代には未開の部族の中に徒手空拳で入って行って「これまで見ることのできなかった部族の世界」を見せる番組だったような気がします。そのため、結果として友寄ディレクターがナスのような色になったり、生で魚を食べたりすることになったと思っていました。誰も知らなかった”本当のジャングルでの生活と人”を取材している感が、制作する方にも見る方にもあったような気がします。 続きを読む

U字工事よかったです!でも、やっぱなすDのキャラには勝てません。8月1日の「陸海空」を見て…。

昨晩放送された「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」(テレビ朝日系、23:15~)は”神回”と呼んでもいいくらいの内容でした。これまでなすDこと友寄ディレクターのキャラの強さに色が霞んでいたU字工事のふたりが本領を発揮し、市場を回って珍しい食材を紹介。友寄ディレクターも新しい部族の村を訪問するのですが、そこでは食神としての能力だけではなく、素晴らしいコミュニケーション能力を披露してくれました。どうなることかと心配していたのですが、この分でいくといい感じで秋からのゴールデンへの引っ越しが見られそうで期待が高まります。 続きを読む

観光部族ボラ族にボラれる取材はつまらない、もっと過激に部族アースを!

7月2日に放送された「大アマゾンスペシャル」で番組ディレクターの友寄氏がボラ族の集落を訪ね、踊りをさんざ見せられたあげく、よくわからない民芸品を買わされるシーンがありました。現地案内役のホルヘさんも「なぜ、ことわらない?」と呆れていましたね。そうなんです、日曜日のゴールデンタイムだから生魚食べたり、ワニ食べたりの「食神」的なシーンは控えて、現代少数民族の悲しき問題を取り上げたのでしょう。 続きを読む