もっと厳しく規制しなくては受動喫煙対策法とは呼べない「改正健康増進法」

引用 愛媛県

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が18日の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立しました。多くの人が利用する施設の屋内を原則禁煙にし、違反者には罰則も適用する内容です。今後、段階的に施行し、東京五輪・パラリンピック開催前の2020年4月に全面施行します。改正法は、事務所や飲食店など多数が利用する施設の屋内を原則禁煙とし、喫煙専用の室内でのみ喫煙できようにします。加熱式たばこは受動喫煙による健康への影響が明らかでないとして、加熱式たばこ専用の喫煙室では飲食も可能にします。 続きを読む