自殺に見せかけた8年前の鳥取県境港市の殺人事件、殺人容疑で岡山県高梁市の会社員が逮捕される。あまりも“悲しい”被害者!

引用 FNN prim

2011年7月に鳥取県境港市で交際相手の女性を殺害したとして殺人容疑で岡山県高梁市の会社員、荒木文昭容疑者(34)が逮捕されました。同事件では、殺害の際に首を絞めるために使ったとみられるひもの状況などから、自殺に見せかけた可能性も含めて鳥取県警が調べていることが分かりました。県警は1月27日、殺人容疑で荒木容疑者を送検しました。事件から8年、荒木容疑者は結婚し2人の子供と家族4人で暮らしていました。殺害を行た2週間後に結婚していたのです。 続きを読む