東京都下で唯一「成人式」を実施した杉並区!小池東京都知事にも臆さない田中良区長の 態度に拍手。

引用 文春

新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、日本列島各地は11日、成人の日を迎えました。式典をオンラインに切り替えたり、中止や延期をする自治体も多いな中、緊急事態宣言が発令されている東京都の杉並区は感染予防策を徹底した上で予定通り。「成人祝賀のつどい」を開きました。東京23区では唯一の開催となりました。会場の杉並公会堂には午前8時過ぎ、晴れ着やスーツ姿の新成人が集まり、旧友との再会を喜んだり、記念撮影をしたりしていました。 続きを読む

成人式開催の是非、新宿区は2部制で開催を決定!毎年話題の北九州市も2部制での開催

引用 東洋経済

緊急事態宣言の発出が決まる中、次の話題となっているのは「成人式」を開催するのかどうか?非常事態宣言下の東京都下でも会場実施派と中止派に分かれています。既に会場での実施を固めているのは新宿区、杉並区、中野区の3区となっています。特に密集地区として注目を集める新宿の吉住区長は「一生に一度のこと、昼間に集まってもらって感染に関する説明をして、酒宴などは避けるように呼びかけます」と感染対策を万全にして行えば問題ないとして、2部制に分けて行うことを発表しています。また、例年、ド派手な衣装で全国的に有名な北九州の成人式も2部制で行われることが決まっています。 続きを読む

今日は成人の日、今年は125万人が成人。しかし、9年連続で総人口に占める新成人の割合は1%を割り込む、北九州のパリピ~聞いてるかな?

引用 石巻日日新聞

総務省の発表によると、今年成人する新成人の人口は125万人と推計されています。昨年に比べると2万人の増加らしいですが、総人口に占める新成人の割合は9年連続で、1%を割り込んでいます。100人いても1人二十歳の若者がいるかどうかの状態ということです。2019年における亥年生まれの総人口は1055万人で総人口1億2632万人に占める比率は8.4%。出生年別にみていくと今年72歳になる昭和22年生まれの人が最多で206万人、次いで昭和46年の196万人、この数字を見ただけでも十二支をひとまわりする度に人口が減少していったことがわかります。段々と“新成人”は希少な存在となっていくのです。 続きを読む

成人の日「はれのひ」問題に見る日本人の”光”と”影”、荒井呉服店の神対応。

朝から「はれのひ」はれのひと煩い、今日は成人の日「ハレの日」なのは当然でしょうにと思っていたら、そうではなくて振袖のレンタルや着付けを手掛ける会社「はれのひ(harenohi)」が注文客と連絡が取れなくなったと問題になっていたのでした。刻々と分かって来る情報から、どうも計画倒産したのではないかとの疑いが濃厚になっています。この会社に注文した新成人のにとっては晴天の霹靂、途方に暮れる状態となっています。 続きを読む