結局、臨時理事会でも「解任」できず!男・山根は明日「勝負」をする。

引用 スポーツ報知

選手への助成金の不適切な流用や、暴力団員だった人物との交際などが指摘されていた日本ボクシング連盟の山根会長は、7日の臨時理事会の後、自らの進退について「まだ決めていません。明日、私自身のけじめの話をします。」と述べ、8日に明らかにする考えを示しました。日本ボクシング連盟の山根会長をめぐっては、選手への助成金の不適切な流用や、暴力団だった人物との長年に渡る交際など、問題が指摘されています。こうした中、日本ボクシング連盟は7日夕方から臨時理事会を開き、一連の問題の報告や第三者委員会について検討が行われました。理事会前には山根会長“解任”かと騒がれましたが、会長の進退に関しては理事会で会長に一任されたようです。「辞任するかどうかの判断は自分でします。43年の人生をアマチュアボクシング界のために貢献してきました。自分の進退については家族や周りの友人にも相談して決めます」と述べ、進退に関しては明日、明らかにされるようです。 続きを読む

好きな言葉を聞かれた山根会長が色紙に書いた“小心者”の心。

引用 スポーツ報知

日大の危険タックル問題が一段落したと思ったら、今度は日本ボクシング連盟ですか、ここんとこ、こればっかですよね。確かに見た目は“そっち”系の方にしか見えませんし、「特別待遇」としてやらせていたとされていることも「食べ物は〇〇が好き、長いものは食べない」といった、ちょっと笑える内容です。先日からテレビに出まくって、告発状が嘘であると主張し「カンロ飴なんか130円ですよ」と、訳のわからない反論をしています。印象的だったのは2018年度のインターハイ、ボクシング会場に用意された会長の椅子、他の連盟主要メンバーがパイプ椅子なのに、革張りの豪華椅子、山根会長はインタビューで「やらせ」だと言ってましたが、確かにやりすぎの感がありました。でも、これが本来の会長の嗜好だとすれば、えらいことです。 続きを読む