谷川とむのレベルの低さを嘆くロバート・キャンベルが自身の同性愛をカミングアウト!

引用 TV-ranking.com

自民党の谷川とむ衆議院議員はネットテレビ「AbemaTV」の討論番組に出演、作家の乙武洋匡さんが同性婚や夫婦別姓を認めない政府に疑問を投げかけたのに対して、谷川議員は「多様性を認めないわけではないが、法律化する必要はない。『趣味』みたいなもので」と自身のLGBTに対する見解を述べました。自民党では2016年作成の党内啓発用のパンフレットで性的少数者について「本人の意思や趣味・嗜好の問題との誤解が広まっている。」と性的少数者に対する認識に関して注意を促していました。谷川議員は明らかに誤解しており、また、そのことを気にかける風でもありません。これに対して日本文学研究者のロバート・キャンベル氏は14日、自身が同性愛者だと明らかにしたうえで「政治家がこういうことを言うことに幻滅し、危惧も感じる」と批判しました。 続きを読む

上西得意の相乗り攻撃、LGBTで杉田議員を口撃、三木議員の裏情報も暴露!?

引用 毎日新聞

元国会議員の上西小百合氏が近く女優デビューするといいます。昨年、大手芸能プロダクションに所属するのではと言われていましたが、すでにケイダッシュの系列事務所・ケイパークと契約を結んでいるそうです。これまで数々の炎上騒動を巻き起こし、いつしか“元祖炎上クイーン”と呼ばれている上西氏ですが、みごとに女優への転身を果たせるのでしょうか、その為の「前宣伝」なのか、かつて日本維新の会で同期だった杉田水脈議員のLGBTに関連した「生産性がない」発言問題に関連して、杉田氏の素顔を暴露して話題となっています。 続きを読む

生産性が低いのは政治家ではないのか?LGBTを責める意味がわからない杉田水脈議員。

引用 マイアンテナ

杉田水脈衆議院議員が月刊誌に寄稿した「LGBTは子供を作らない、つまり『生産性』がない」と主張し、各方面から批判を浴びています。杉田議員が所属する自民党は7月24日「杉田水脈議員の寄稿した内容に関しては、議員個人の見解だと理解しています」と問題にはしない方向のようです。話題となっているのは「新潮45」2018年8月号に掲載された杉田議員の寄稿記事「LGBT支援の度が過ぎる」にLGBTのカップルは子供を作らないので生産性がないと持論を載せたことです。 続きを読む