モルタルで固められたお父さんは、懲役23年で納得できるのか?被害者兄が言うように「マイコ」は死刑にすべき!

引用 茨城新聞

茨城県かすみがうら市のアパートで昨年7月、モルタルで固められた住人の会社員、氏家昇さん(当時33歳)の遺体が見つかった事件で、殺人などの罪に問われていた妻の美穂被告(45歳)の裁判員裁判の判決が5日、水戸地裁の女性裁判長から言い渡されました。判決は求刑25年に対して23年、裁判長は「身勝手かつ短絡的な動機と経緯に酌量の余地はない」と判決を告げました。美穂被告は昇さんと知り合った当初は「マイコ」と名前を偽って交際、年齢も10歳ほど若く偽り東京都品川区の昇さんの実家で同居した後、茨城県に移り住んでいました。最初から嘘をつかれ、挙句に殺されモルタルで固められた昇さんは今回の23年の判決をどう思っていることでしょう。 続きを読む