女賭博師で知られる江波杏子さんが死去、残るは緋牡丹の姉さんだけか、任侠映画の花が散っていく!

引用 大映 女賭博師

映画「女賭博師」などで知られる女優の江波杏子さんが10月27日に、肺気腫の急性増悪のため都内の病院で死去したことを、所属事務所が11月2日、発表しました。76歳でした。長い間、肺気腫を患っていましたが、日常生活には支障なく生活していたといいます。22日まではラジオドラマの収録をしており、11月以降もドラマ出演の打ち合わせをするなど元気だったといいます。急変したのは26日、呼吸状態が悪化して緊急入院、回復することなく翌日、息を引き取りました。 続きを読む