慰安婦支援財団解散を告げる韓国、あまりに恩知らずな国に対しては“韓流禁止令”を出し、隣国日本のありがたさを再認識させるべき!

引用 textream

韓国の康京和外相が今年9月、日本との政府間合意に基づき元慰安婦を支援するために設立された「和解・癒し財団」を年内に解散すると河野外相に伝えていたことが分かりました。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓合意が形骸化することになります。複数の日韓関係筋が明らかにしたところでは、韓国政府は財団の解散を示唆してきましたが、正式に解散を通告したことが分かったのは、これが始めてです。通告があったのは9月11日にハノイで開かれた日韓外相会議で、康氏は「財団を年内に解散する」と明言しました。その上で、日本側が要請している文在寅大統領の来日について「財団解散後になる」と語りました。これに対し、河野氏は「財団解散は受け入れられない」と主張し、分氏の早期来日を改めて求めました。康氏は財団解散の具体的な時期は明らかにしませんでした。 続きを読む