北部九州豪雨から1年、被災地の現状を憂う。過疎化、集落の壊滅が問題。

引用 毎日新聞

2017年7月5日午後、福岡県筑後地方北部で次々と積乱雲が発生し、発達しながら東へと移動して線状降水帯が形成されました。このため同じ場所で猛烈な雨が長時間降り続きました。福岡県朝倉市、うきは市、久留米市、東峰村、佐賀県鳥栖市、大分県日田市などで1時間に100㎜を超える雨量が観測され、特に朝倉市付近では3時間で約400㎜、12時間で約900㎜の雨量が観測されました。気象庁以外が管轄する雨量計では、朝倉市寺内で5日15時20分までの1時間降水量169㎜を観測。また朝倉市黒川の雨量計では5日20時50分までの9時間に778㎜を観測するなど、その降水強度は激烈なものでした。1時間の値は1982年の長崎大水害の187㎜に迫り、9時間の値は平成25年の台風第26号において伊豆大島で観測された789.5㎜n匹敵するなど、朝倉市の山間部では局地的に9時間にわたり、気象観測史上でも最大級の集中豪雨となりました。後に、九州北部豪雨と呼ばれる大水害です。 続きを読む