「泣いて馬謖を斬る」となるのか、悪者は日馬富士・貴ノ岩・日本相撲協会、それとも『モンゴル互助会』。

そうです、今日の時点で日馬富士は元横綱と表現されています。今回の騒動のひとつの結果といえなくはないでしょうが「横綱引退」が最終着地点ではなさそうな雰囲気です。「泣いて馬謖を斬る」三国志を知る人なら有名な話です、諸葛孔明は日ごろ重用していた臣下の馬謖が命に従わず魏に大敗したために、泣いて斬首に処しました。規律を保つためには、たとえ愛する者であっても違反者は厳しく処分することの例えです。では今回の暴行事件で諸葛孔明は誰で、馬謖は誰にあたるのでしょうか?諸葛孔明は伊勢ケ浜親方なのか日本相撲協会か、はたまた馬謖は日馬富士だけなのかまだまだ激震が続くこの騒動、本日は筑後弁で中間発表といきたいと思います。 続きを読む

白鵬が膿を出し、貴乃花がだんまり続ければ日馬富士が引退する

祖父が死んでからは相撲は見ないようにしている、別に特別な意味がある訳ではないが、楽しそうな祖父の顔を思い出すので見なくなったような気がする。そんな相撲だが、ここ数日間の報道は目に余る。横綱が格下相手に暴力を振るい怪我をさせるなど言語道断、そのことを材料にやりとりをしている親方や日本相撲協会も最低と言わざるを得ない。日本の国技をやっている人間は特別ではないのです、人間国宝が万引きしたとして人間国宝だから許される筈はありません。暴力の度合いが問題なのだと力説する愚かな輩がいますが「暴行」であっても「障害」であっても、暴力による罪を犯したことは免れません。 続きを読む