日本映画の宝、橋本忍100年の人生に幕を下ろす「もう1本見たかった!」

引用 読売新聞

黒沢明監督の作品8作品の脚本をはじめ、「日本沈没」「砂の器」「八甲田山」など、日本映画史に残る名作やヒット作を数多く手掛けた脚本家の橋本忍さんが7月19日午前9時26分、東京都世田谷区の自宅で死去しました。100歳でした、葬儀は近親者のみで行われ、喪主は長女の綾さんです。死因は気管支拡張症による肺炎とされています、お別れの会は開かれることになっていますが、日取りなどは未定です。 続きを読む

今でも記憶に残る和賀英良を演じた加藤剛、永遠の名作「砂の器」を見てほしい

引用 朝日新聞デジタル

映画、テレビで活躍された俳優の加藤剛さんが6月18日午前10時11分、胆嚢がんで死去されていたことが7月9日に、所属する俳優座からの発表でわかりました。享年80歳でした。既に葬儀はご家族で営まれており、お別れの会が9月22日、東京港区六本木4の9の2の俳優座劇場で予定されています。加藤さんは1961年に早稲田大学文学部(演劇)卒業。俳優座の養成所を経て64年、俳優座に入団しました。デビューは62年のテレビドラマ「人間の条件」でした。 続きを読む