これで幕引きなのか?大体大浪商の記者会見にみる責任のあり方と無念の桃山学院!

引用 スポーツ報知

ハンドボールの全国高校総体大阪府予選男子決勝は堺市家原大池体育館で6月10日に実施されました。この大会で悪質な接触プレーではないかと優勝した大体大浪商の選手のプレーが指摘された問題に関して、大体大浪商は7月5日、大阪府熊取町の同校で記者会見を行いました。これまでも、浪商側の徳永昌亮監督は「ユニホームを掴んでいるのを振りほどくために、体をひねった時に肘が当たっているというように私は見ていますし、子供たちからもそういう話を聞いています。」と故意でなかったことを説明していました。しかし、桃山学院側はこの説明を受け入れることができず、更なる説明をもとめていました。これに対応したのが今回の記者会見だったのです。 続きを読む

インターハイ予選決勝でラフプレー!大阪府の男子ハンドボール決勝戦、怒りの桃山学院

引用 モー二ングショー

インターハイに出場するということは高校で運動部に所属する生徒にとっては特別な事なのです。全国に行く、全国で認められる、そのためのインターハイを賭けた予選は大事な大会となります。大阪府の男子ハンドボールのインターハイ予選決勝で問題が起こりました、決勝は6月10日に大阪府堺市内の体育館で行われました。問題の行為が行われたのは後半13分頃、青と黄色のユニホームの浪商選手が体を右にひねると、桃山学園のエースは背中から突然に倒れました。そして、みぞおちを押さえたまま、うずくまってしまいました、みぞおちに浪商選手の肘が当たっていたのです。 続きを読む