銚子沖の沈没船から「コンコン」と船体叩くような音!リアル、ポセイドン・アドベンチャー。遭難者を救え、日本の海猿。

引用 朝日新聞

千葉県銚子沖で26日に貨物船2隻が衝突して1隻が沈没した事故で、海上保安庁のダイバーらが27日、約30メートルの海底に沈没した船体後部の内側から船体を叩くような音を確認しました。同船の乗組員は5名、船長の藤田拓さん(60)は救助されましたが、矢野2等航海士(72)は死亡が確認され、上村一文1等航海士(60)と瀬野博機関長(69)、馬越才五1等機関士(67)が行方不明となっていました。28日、天候が回復してからの救助活動で男性1人が発見されました。銚子海上保安部の発表によると1等航海士の上村一文さんで、間もなく死亡が確認されました。今日、ダイバーは船体を叩く音は聞いておらず、残された行方不明の瀬野博機関長と馬越才五1等機関士の無事を祈らずにはおられません。 続きを読む