結局、臨時理事会でも「解任」できず!男・山根は明日「勝負」をする。

引用 スポーツ報知

選手への助成金の不適切な流用や、暴力団員だった人物との交際などが指摘されていた日本ボクシング連盟の山根会長は、7日の臨時理事会の後、自らの進退について「まだ決めていません。明日、私自身のけじめの話をします。」と述べ、8日に明らかにする考えを示しました。日本ボクシング連盟の山根会長をめぐっては、選手への助成金の不適切な流用や、暴力団だった人物との長年に渡る交際など、問題が指摘されています。こうした中、日本ボクシング連盟は7日夕方から臨時理事会を開き、一連の問題の報告や第三者委員会について検討が行われました。理事会前には山根会長“解任”かと騒がれましたが、会長の進退に関しては理事会で会長に一任されたようです。「辞任するかどうかの判断は自分でします。43年の人生をアマチュアボクシング界のために貢献してきました。自分の進退については家族や周りの友人にも相談して決めます」と述べ、進退に関しては明日、明らかにされるようです。 続きを読む