3歳の娘を自宅に放置、飢餓で死亡!母親は交際相手のところへ旅行、鬼畜の所業に「大丈夫だと思った」の弁解。

引用 朝日新聞

3歳の娘を1週間に渡って自宅に放置し衰弱死させたとして、警視庁捜査1課は7月7日、保護者責任遺棄致死の疑いで東京都大田区、飲食店店員梯沙希容疑者(24)を逮捕しました。司法解剖の結果、死因は高度脱水症状と飢餓によることが判明しました。梯容疑者は容疑を認めており、日常的に育児を放棄し、虐待していた疑いもあるとみて捜査を行っています。捜査関係者によると梯容疑者は「死ぬとは思っていなかった。留守にしても大丈夫だと思った」という主旨の供述をしているようです。自分では食事の用意もできない幼児を1週間以上も放置しておいて“大丈夫”と思える神経が理解できません。 続きを読む