「鹿」⇒「鹿」⇒「猪」⇒「鹿」花札ではありません、JR紀勢本線の衝突事故。

引用 毎日新聞

いつかはこんな時代が来るのではと危惧していたのですが、遂に現実になってしまいました。このブログで書いてきた「鹿の惑星」ですが、主旨は人口減少地域で鹿が大量発生して、鹿に人類の居場所が奪われてしまうというものです。先ごろも、奈良市内を激走する50匹以上の鹿が話題になったばかりです。6月6日、ツイッターに投稿されたJR東海の運行状況には驚くべき内容がありました。 続きを読む

奈良の市街地を鹿の大群が爆走!奈良女子大にお食事か?取り沙汰される原因あれこれ。

心配していたことが現実になりつつあります。以前からこのブログで「鹿の惑星シリーズ」として過疎地で繁殖している鹿の危険性を書いて来ましたが、鹿の聖地・奈良で遂に鹿の暴動が始まってしまいました。なんと、奈良公園の鹿約50頭が市街地を大群で奈良女子大前まで駆けて行く姿を女子大生がスマホで撮影したのです。公道を鹿が群れで走る姿は、恐怖を覚えずにはいられません。                             続きを読む

“山の日”特集 夏休み特別企画「僕の山」③鹿の惑星 特別編

岡山でヒアリ200匹が見つかったそうです、もう何か所目でしょうか?間違いなくヒアリは日本国内に入り込んでいます。セアカゴケグモ、咬み付きガメ、雷魚、ジャンボタニシ…。当初は養殖用に持ち込まれたもの、ペットで飼われていたもの、その導入は様々ですが日本国内生物の生態系を脅かし、最近では生活者である私たちの環境さえ破壊しかねない状態となっています。 続きを読む

「鹿の惑星」番外編 ”奈良公園のシカ、殺さないで!” 本当にそれでいいのか!?

奈良県は昨年末に「奈良のシカ」に関する駆除を含めた対策を練っていましたが、市民からの強い要望により中止する形になっていました。しかし、その後「食害」などの被害の増加に伴い、対策を取らざるを得ない状態となり、奈良県は文化庁に対し捕獲の申請を上げていました。今回、文化庁は申請を受理し120頭の捕獲を許可することになりました。 続きを読む

「鹿の惑星」 最終章 ”侵略”

鹿の話を続けてきましたが、今回が最終回となりました。「見た」⇒「ぶつかった」⇒「撫でた」と接近遭遇の度にその内容は濃くなってきましたが、今回は接近遭遇の話ではありません。かなり、社会問題的な内容ではないかと思っています、過疎が進み限界集落となっていく山間部の集落、そこで繁殖が進む害獣、駆除されることもないため人里で餌をあさり、減りゆく住民をさらに追い詰めていきます。 続きを読む

「鹿の惑星」その② 第二次接近遭遇 ”衝撃”

野生の鹿の話です。先回は小学生の頃、遠足に行って偶然に遠くからオス鹿を見ることができた話をしました。今回が第二回です、鹿との運命的な出会いはその後も続くことになります。私も昔は、野生の鹿なんて北海道の山林とかに生息するもので、そこいらの山に住んでいるとは思っても見ませんでした。 続きを読む

「鹿の惑星」その① 鹿との初遭遇

最近、人口が減った山間部の寒村では鹿やイノシシなどの害獣が急激に数を増して、地域の住民の生活を脅かしているそうです。私も実際に鹿が居住区に出てきてわがもの顔で畑などを荒らす姿を見たことがあります。広島の宮島や奈良でも鹿は見かけるのですが、あちらの鹿を一般鹿とするならば、人口減少地区の鹿は、まさに山賊鹿と言えるかもしれません。 続きを読む