東京オリンピックのボランティアはブラック以前に「人を馬鹿にしている」

引用 陸上まとめ

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けたボランティアの募集が9月26日から始まります。目標は11万人。苛烈な暑さが予想される中で過激なスケジュールをこなさなければなりません。また文部科学省を通じた学生への呼びかけは戦時下の「学徒動員」にも似た行為だと揶揄されています、国を挙げての一大イベントなのですから”みんなで盛り上げよう”というのはわかるのですが、ボランティアの名のもとに「やりがい搾取」ではないかとの声も上がっています、確かに11万人ものボランティアというのは、ボランティアの定義に反する部分が出てくるのではないかという懸念があります。 続きを読む