清水建設で都内の作業勤務者が死亡。緊急事態宣言の7都府県での工事を中止、作業所を閉鎖に。

引用 清水建設会社概要

大手総合建設会社“清水建設”は4月3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、原則、緊急事態宣言が発令された7都府県にある作業所を閉鎖し、工事を中止する方針だと公式サイトで発表しました。また、東京都内の同一作業所に勤務していた3人がPCR検査で陽性と確認され、そのうち1人が死亡したことも明らかにしました。これまで、小売りやサービスに関わる休業要請が話題となり、建設業にはまったく触れられていませんでした。業界大手スーパーゼネコンの作業所閉鎖に周辺は大きな衝撃を受けています。西松建設も8日、「施工中の現場につきましては、発注者と協議の上、工事中止・現場閉鎖することを基本方針といたしております」と発表しています。 続きを読む