謝れば、それでいいのか!堀尾正明がビビットで生釈明、妻のコメントまで持ち出し“見苦しい”言い訳劇場。

引用 スポニチ

このところ芸能人の「不倫」に関して世の中が寛容になっているようです。自らがテレビ等で謝罪し、それを持って禊のように、変わらぬ出演を続ける方がいらっしゃいます。社会的な影響力を持つ人間が黑ではないにしろ、灰色の行動を取った場合には状況の説明は必要ですが、それ以上に謝罪と芸能活動の自粛が求められるのではないでしょうか。2008年にNHKを退職し、現在はフリーで活動している堀尾正明アナウンサー(64)が20日、TBS系朝の情報番組「ビビット」に生出演。『週刊新潮』で伝えられた50代の女性との不倫報道に関して謝罪と説明を行いました。お相手に恋愛感情は「ありません」と涙目で訴えました。 続きを読む

平野レミのハイテンション・トーク炸裂「チン汁が大事‼」が話題

引用 朝日新聞デジタル

祭日の今日、朝からNHKの料理番組が世間を騒がせました。それは8時15分から放送された『もてなし家族に福来る』~平野レミの早業レシピ~での出来事でした。番組概要は

NHK公式番組ガイドより引用
だんだんと厚くなってくる7月。相変わらず縁側でグータラしている家族。そこへおじいさんから「家に来たい」と突然の電話!家族は「料理はどうしよう?」と大慌て。そこへお隣の料理愛好家・平野レミさんが元気いっぱいに登場!「まっかせなさーい!一緒につくりましょう!」グータラ家族も俄然大張り切り。さあ、レミ流「もてなし料理づくりの始まり―。

めざすは69分で14品(VTRで1品)。とにかくカンタン、見た目も豪華で味も良い。夏野菜を生かしたレミ流特性サラダをはじめ、お年寄りも喜ぶレミ流精進料理、お父さんもご満悦夏バテ防止オツマミ、みなで様々な味が楽しめるそうめんなど、ユーモアあふれる「もてなし料理」の数々を創作、レミさんと家族が共同調理する。さあ、だんだんとおじいさんの足音が近づいてくる中、無事に14品つくり切れるか?!出演者それぞれの夏の思い出など、元気が出るハチャメチャ料理トークもお楽しみに!

続きを読む

民放で坂道やってもダメだが、NHKでブラタモやると地質学会から表彰…

タモリさんは幼少の頃、幼稚園を見に行ってみんなが踊っているのを見て「俺にはできん」と言って、小学生になるまで幼稚園に通わず、ずっと坂道を見て過ごしていたという逸話があります。そのため、タモリさんは2000年に日本坂道学会を講談社の方を会長にし、自身は副会長として立ち上げたと言われています。その趣旨は坂道を鑑賞して、ふたりで語ることにあるようです。おふたりが坂道鑑賞のポイントにされているのは勾配、湾曲、歴史的な風情を出すものがあるかどうか、坂道の由緒・由来を自ら調べ感じ取れるかといったことらしいです。 続きを読む